AGAは頭皮ケアが原因で発症することもある

薄毛AGAの原因は生活習慣だけでなく、頭皮ケアも原因の一つとされています。仕事が忙しくてお風呂に入ることを面倒であると感じることもあるでしょう。また、早くお風呂に出て食事をしたりお酒を飲みたいと思われる方もいます。
しかし、頭皮ケアをしっかりと行わないとAGAを発症することになります。頭皮の脂が詰まってしまうと血行が悪くなり、髪の毛に栄養が行き渡らなくなります。そのため、薄毛の原因になってしまうのです。

また、頭皮のケアも正しく行わなければAGAの原因になります。
例えば普段からシャンプーやリンスーをしすぎている方もいるのではないでしょうか。シャンプーやリンスのしすぎは頭皮を傷めることになるので、頭皮や髪の毛に負担を与えてしまうことになります。また、ドライヤーの当てすぎは髪の毛自体を傷めてしまうので正しい頭皮ケアを行いましょう。

頭皮ケアだけでなく、ホルモンもAGAの原因の一つになります。男性の場合はテストステロンという男性ホルモンが原因でAGAを発症します。このテストステロンはかもの成長を邪魔し、抜け毛を促進するホルモンになります。女性の場合は更年期障害などでホルモンバランスが崩れます。それが原因で薄毛を発症してしまうこともあるのです。